ニュース

倉庫作業分析ツール「ろじたん」にタブレットを使った計測サービスを追加

2017年06月08日(木)掲載

倉庫作業分析ツール「ろじたん」にタブレットを使った計測サービスを追加
ニーズに合わせて使い分け、“かんたん・スグに・低コスト”で作業を見える化!

 (株)日通総合研究所(本社:東京都港区、社長:宮近清文)は、スマホを使って倉庫内作業時間の計測や集計・分析ができるツール「ろじたん」に、新たにタブレット版の計測サービスを追加いたしました。タブレットを使ったサービスは6月12日より提供開始いたします。

 「ろじたん」のスマホを使ったサービスは、作業スタッフひとり一人がスマートフォンを携帯し、作業中にボタンを押しながら作業履歴を蓄積、一日の作業終了後にデータを送信することで作業実績が自動集計されるという流れになっています。
 「ろじたん」サービスのご利用をご検討いただく中で、「作業計測はしたいけど、スタッフ全員がスマホを携帯するのはコストがかかる・・・」「1日の作業内容は単純だから、計測項目は3つくらいで済んでしまうのだけど・・・」など、計測内容によりスマホを使った手法ではサービス過剰になってしまい、ニーズにマッチしないという場合がありました。

 そのようなご要望に対応するため、タブレット計測機能を開発いたしました。

 タブレットを使った計測では、各スタッフが携帯するのではなく、所定の位置に1台のタブレットを設置し、複数人で利用します。画面表示された作業項目ボタンを一つタップした後に、付属のカードリーダーにスタッフごとのICカードをかざすだけです。
 ICカードは、専用カードを新たに作成する必要はなく、手持ちのフェリカカード(かざして読み取れる電子マネーカード:Suica、PASMO、ICOCA、楽天Edy、nanaco、WAONなど)があれば、それを読み取ることで個人を特定することができます。また、作業状況はリアルタイムにWebに送信されるため、作業進捗状況をすぐに確認することが可能です。

 タブレットを使った計測は、一つの作業を長時間繰り返すため作業ボタンの切替えがあまり必要ない場合や、よりコストを掛けず簡単に作業計測をしたい場合に適しています。現場によっては、スタッフの作業内容に合わせ、スマホ計測とタブレット計測を使い分けて「ろじたん」をご活用いただくことで、最適な形で作業計測を行っていただけます。

 作業生産性を向上させるためには、まず現状を把握しなければ的確な施策を講じることはできません。「ろじたん」は“かんたん・スグに・低コスト”で、倉庫作業の「見える化」と「改善」をサポートいたします。

スマホ計測とタブレット計測の流れ

tablet-01

スマホ同様、タブレットでも“かんたん”計測

tablet-02

スマホとタブレットの使い分け

tablet-03

・スマートフォンは、スタッフの計測負荷や作業動線のムダを最小限に抑えることができます。歩数計測やビーコンによる位置情報の計測も可能です。
・タブレットは、多数のスタッフ計測でコストや管理工数を抑えたい場合やリアルタイムに作業状況を把握したい場合に有効です。
・現場の特性に合わせて、併用することも可能です。

タブレット利用料金

【10名90日間タブレット1台利用の場合】
基本料金:¥48,000 + レンタル料金:¥16,200 +事務手数料:¥3,500 = ¥67,700
※基本料金については「ろじたん」ページ(http://www.logitan.jp)にてご確認ください。
タブレットレンタル料金については、お問い合わせください。

本件に関するお問い合わせ先

お客様

(株)日通総合研究所 Advanced Technology Unit
担当:千田(せんだ)・平野・川本
Eメール:inquiry@mail.logitan.jp
電話:03(6251)3395
ろじたんURL:http://www.logitan.jp

報道関係者様

(株)日通総合研究所 Business Development Unit 広報担当宛
Eメール:logi_plus_pr@soken.nittsu.co.jp
電話:03(6251)3384

日通総研は、物流から見た景況感を分析する「日通総研短観」や、経済状況の背景から物流動向を予測した「経済と貨物輸送の見通し」をはじめ、物流技術環境、海外物流事情の調査・研究を行っております。今後とも、国内外における物流の最適化・効率化・品質向上・コスト削減等をテーマに、物流の課題解決に取り組んでまいります。