ニュース

倉庫内作業を計測・分析できるツール「ろじたん」を発表

2015年07月31日(金)掲載

㈱日通総合研究所(本社:東京都港区、社長:宮近清文)は、スマートフォンとWebの連携により、スタッフ一人ひとりの倉庫内作業を計測し、その結果を集計・分析できるツール「ろじたん」をリリースし、10月1日より提供を開始します。

「ろじたん」は、庫内作業を行いながら、定期的に倉庫スタッフがスマートフォンのアプリの画面をタップするだけで、スタッフ一人ひとりの作業時間を記録・計測することができます。取得したデータはWebシステム上で集計し、結果をレポートとしてダウンロードすることが可能です。

これまで、物流現場の作業を数値で捉えるためには、手作業による計測が中心で、「精度が低い」「集計に労力・コストが掛かる」「やり方自体がわからない」といった問題がありましたが、「ろじたん」を使えば、システム化したノウハウを利用でき、かつ必要な機材も全てレンタルとして提供されるため、簡単に・スグに・物流現場の計測を行うことができます。

計測結果を集計した定型レポートにより、作業時間比率やピッキング生産性などの各指標を、日別・時間別・スタッフ別、施設・荷主別などの、多様な切り口からドリルダウン形式で分析を行えるため、物流センター全体の改善施策のヒントを見出すことが可能です。

キャプチャ1

 

また、Webで標準化した作業項目をベースとした時間計測となるため、一定のデータが蓄積された後には、物流条件が類似する倉庫とベンチマーキングを行うことが可能となります。更に、スマートフォンの多機能性を活かし、スタッフの動線分析や活動分析(歩行・商品探索等の自動認識)など、倉庫の合理化のために不可欠となる情報を収集・分析できるツールを順次リリースする予定です。

物流の合理化を図りたいと考えている方や、効果的なKPI(Key Performance Indicators)を簡単に取得したいと考えている方にとって、最適なソリューションツールとなっています。

■必要機材(全てレンタル)

  •  スマートフォン
  •  ウェストポーチ
  •  USB充電器(6個口)
  •  バーコードリーダー
  •  機器保管用ケース      など

■特許・商標

現在、出願中

 

◆日通総研は、物流から見た景況感を分析する「日通総研短観」や、経済状況の背景から物流動向を予測した「経済と貨物輸送の見通し」をはじめ、物流技術環境、海外物流事情の調査・研究を行っております。

今後とも、国内外における物流の最適化・効率化・品質向上・コスト削減等をテーマに、物流の課題解決に取り組んでまいります。

【本件に関するお問い合わせ先】

㈱日通総合研究所 経営コンサルティング部
担当:千田(せんだ)・飯塚・井上
Eメール:inquiry@mail.logitan.jp
電話:03(6251)3288

Webでのお問い合わせ

ご相談、サービスについてのご質問やご要望がございましたら、下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

会社名
必須

部署名
必須

お名前
必須

メールアドレス
必須

電話番号

お問い合わせ内容
必須

個人情報保護方針はこちら