ニュース

【11/12開催】建設業DX「建設業2024年問題に向けて、何をしないといけないのか?」~DXで現場を変える取り組みをご紹介~

2021年10月29日(金)掲載

【11/12開催】建設業DX 「建設業2024年問題に向けて、何をしないといけないのか?」 ~DXで現場を変える取り組みをご紹介~

建設業界に携わる皆さまはご存じであるかと思いますが、建設業における『本格的な働き方改革』は『2024年』から始まります。

今まで残業時間規制の適用対象ではなかった建設業界ですが、「働き方改革」関連法案が決定されたことにより、建設業も2024年4月1日から残業時間の上限を設けなくてはなりません。

2024年はまだ先だ、とお考えの方々が多いのが現状ではあると思いますが、『建設業の働き方改革』は着実に進んでいるため、今から準備をしておく必要がございます。『建設業界の働き方改革』では、長時間労働・休みが取れない・慢性的人手不足・現場負担増などが課題です。

本ウェビナーは日通総合研究所とタナベ経営の共催企画です。タナベ経営の専門コンサルタントが、日通総合研究所が開発した勤務実態把握IoTツール「じょぶたん」を利用して、建設会社の課題対策に取り組んだ事例をご説明いたします。

セミナー概要

開催日    : 2021年11月12日(金) 15:00~16:00
会場     : オンライン ※Zoomビデオウェビナーを使用します(ご利用無料です)
参加費    : 無料
定員     : 80名 ※ 先着順で受け付けます
申し込み〆切 :2021年11月10日(水)18:00
対象者    :データ活用によって建設現場の効率化を図りたい方、経験や勘に頼った現場活動を改善したい方、現場におけるIoTの導入について知りたい方


詳細、セミナーのお申し込みはこちら

https://www.nittsu-soken.co.jp/training/seminar/2021logitan07

プログラム

建設業DX 「建設業2024年問題に向けて、何をしないといけないのか?」 ~DXで現場を変える取り組みをご紹介~

1.建設現場の業務見える化による働き方改革の実施事例
・現場代理人の業務負担軽減に繋がる最新の取り組みとは?
・人材不足でも採用できる!モデル人材を活用した採用戦略の構築とは?
・建設現場ならではの「若手社員早期戦力化」のためのHow Toとは?

2.勤務実態把握ツール「じょぶたん」について
・時間計測の目的と課題
・じょぶたんのコンセプトと概要
・建設現場での「じょぶたん」導入(実演デモ)

お問合せ

日通総研 広報担当
Eメール:logi_plus_pr@nittsu-soken.jp
※お問合せはメールにてお願いいたします。

ニュース

Webでのお問い合わせ

ご相談、サービスについてのご質問やご要望がございましたら、下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

    会社名
    必須
    部署名
    必須
    お名前
    必須
    メールアドレス
    必須
    電話番号
    お問い合わせ内容
    必須

    個人情報保護方針はこちら

    This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.