ニュース

「ろじたん」に新オプション機能「ビーコン位置情報」を追加
作業中の滞留時間の「見える化」でボトルネックを発見!

2016年12月13日(火)掲載

 

㈱日通総合研究所(本社:東京都港区、社長:宮近清文)は、スマホを使って倉庫内作業時間の計測や集計・分析ができるツール「ろじたん」に、ビーコンを使って作業スタッフの位置情報を取得できる新オプションサービス「ビーコン位置情報」を12月26日より提供開始いたします。

 

「ビーコン位置情報」は、「時間計測アプリ」で作業時間の計測を行う対象エリアにおいて、目的の場所にビーコンを設置するだけで、作業中のスタッフの位置情報を取得し、滞留状況を定量的に把握することができます。

 

「時間計測アプリ」を起動すると、シリアルIDが付与されたビーコンから発信される信号を、アプリが自動的に1分間隔でキャッチします。計測に伴う作業は何も必要ありません。キャッチした位置情報は、作業時間計測データと合わせ、ろじたんWeb上からダウンロードができます。さらに、取得したデータを分析ツールに取り込むと、作業時間と位置情報を絡めたグラフを自動で生成します。日別・時間帯別・荷主別・作業別・スタッフ別と、あらゆる切り口での位置情報分析が可能となっています。
また、分析ツールには倉庫レイアウト画像を取り込む機能があり、作業中のスタッフ滞留状況がレイアウトMAP上に表示される仕様となっています。ひと目でわかるよう、数値の大きさを円の大小で表示することができ、視覚的に分析が行えます。さらに、レイアウトMAPには出荷口設定機能も備わっており、出荷口から滞留位置までの距離と滞留回数から、その倉庫のレイアウト評価を数字で表示します。

 

「ビーコン位置情報」で取得したデータを日々管理することで、通常と異なるスタッフの動きの確認や、生産性の良い日・悪い日それぞれのスタッフの動きを比較・検証することができ、作業のボトルネックを発見するためのヒントとなります。また、定量的に状況把握ができるため、レイアウト変更などの具体的な改善対策を講じやすく、改善効果も定量的に測ることができます。

 

「作業の生産性を向上させたい」というのは、どこの倉庫業者の方も共通の思いです。しかし、いざ改善へ向けて取り組もうとしても、何から手を付けたらよいかわからないという声はよく聞きます。改善への取り組みには、まず、現状把握が必要不可欠です。
「ろじたん」は、簡単な操作で現状把握の指標となる「作業時間」「作業生産性(実績/時間)」「作業歩数」データを取得することができます。この度追加したオプション機能により、新たに「位置情報」も取得できるようになりました。それらの組み合わせにより、さらに詳細な指標管理が可能となりました。
「ろじたん」は、倉庫作業分析・改善に有用なサービスを目指し、今後も開発を進めていきます。

 

※「ビーコン位置情報」は作業動線を取得するものではありません。

◆ビーコン設置

ビーコン設置イメージ

※ビーコンはレンタル可能  ビーコンレンタル料金 : ¥100/2個1セット~

◆作業時間計測データと位置情報データを絡めた分析グラフ

作業時間計測データと位置情報データを絡めた分析グラフ

◆倉庫レイアウト画像を取り込んだ分析MAP

倉庫レイアウト画像を取り込んだ分析

 

本件に関するお問い合わせ先

(株)日通総合研究所 Advanced Technology Unit
担当:千田(せんだ)・川本・吉藤・井上
Eメール:inquiry@logitan.jp
電話:03(6251)3395

 

ろじたんとは?

 

Webでのお問い合わせ

ご相談、サービスについてのご質問やご要望がございましたら、下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

会社名
必須

部署名
必須

お名前
必須

メールアドレス
必須

電話番号

お問い合わせ内容
必須

個人情報保護方針はこちら