ニュース

東京会場でろじたん倉庫作業改善セミナー(無料)を開催

2017年11月02日(木)掲載

〜IoT+人時コントロールで生産性UP〜 11月28日に東京会場で開催

 IoTという言葉を日常的に耳にするようになり、IoTを活用したあらゆるサービスが開発されつつあります。しかし、IoTを取り入れた業務改革を行っているという物流現場の話は、まだあまり聞きません。そもそものIoTの定義やIoTを使うと何がどのように変わるのか、イメージを持てない方も多いのではないでしょうか。
 そして、人材確保が難しく高齢化が進むこの時代に、いかに作業の生産性を向上させるかというのは、倉庫事業者の方にとって共通の課題です。日々の生産性を高い水準で維持することが理想ですが、実際にはスタッフの個々のスキルの違いや、管理者の経験と勘に頼った運用により、毎日の生産性を維持・向上させることが困難であるという現場は少なくありません。
 本セミナーでは、「IoTとは何か」に始まり、海外におけるIoT製品や、物流分野でのIoT化へ向けた取り組み事例をご紹介いたします。また、倉庫作業における問題を解決へ導くIoTを使ったソリューションツール「ろじたん」をご紹介いたします。参加者全員にデモ機で、実際に操作していただきながら“かんたん”を体験していただきます。人員数の適正化に不可欠となる基準生産性の取得を容易に行うことができます。
 IoTを活用して物流の現場を改善したい、経験と勘に頼った現場の運用を見直したい、庫内作業の生産性を向上させたいとお考えの方は、是非この機会にご参加ください。

■詳細、セミナーのお申し込みはこちら

https://www.nittsu-soken.co.jp/training/seminar/2017logitan02

■セミナー概要

開催日 : 2017年11月28日(火) 13:30〜16:30(受付開始は13:00)
会場  : 東京都港区東新橋1-9-3 4階 会議室
参加費 : 無料
定員  : 50名 ※1社からのご参加は2名様までとさせていただきます

■プログラム

1. 世界の物流業界におけるIoTの動向
  ・物流におけるIoTとは何か
  ・IoTによって変化する未来の物流
  ・物流分野におけるIoT活用事例
  ・データ、データ、データ! データを上手く活用するもののみ生き残る

2. 倉庫内作業計測のIoTソリューション〜倉庫作業分析ツール「ろじたん」のご紹介〜
  ・時間計測の目的と課題
  ・ろじたんのコンセプトと概要
  ・WMSと連携する「かんたんKPI」
  ・ろじたん活用事例
  ・ご利用実績とご利用料金

■お問合せ

日通総研ホームページ または日通総研 広報担当まで
Eメール:logi_plus_pr@nittsu-soken.jp
URL  :https://www.nittsu-soken.co.jp/seminar/
※お問合せはメールにてお願いいたします。
〒105-8322
東京都港区東新橋1-9-3 日通本社ビル8F
担当:井上(あ)