事例紹介

ろじたんを活用されている事例をご紹介します。

作業時間を可視化し、スタッフ配置と作業工程見直しによる業務効率化

導入前

導入の背景

  • ・複数荷主の商品を扱っている倉庫において、ある荷主から業務効率改善要請があった

課題

  • 共通作業と荷主別作業があるが、複雑に入り組んでいるため、荷主ごと・作業ごとで要する作業時間を把握することが困難であった

ろじたんによる見える化

事例6
  • ・1日のスタッフ別・荷主別・作業別の作業時間が見える化
  • ・製品に貼付する伝票セット作業(加工・付帯作業)を1日中実施しているスタッフがいる一方で、午後の出荷作業の後に不透明な作業時間(=手待ち時間)が発生しているスタッフがいることが判明
  • ・荷主別作業、共通作業が明確になったことにより、作業量に対して人員配置に偏りがあることも分かった

導入後

導入の結果

  • ・少人数で1日中対応していた伝票セット作業を、午後の出荷作業後に一斉に集中して実施する運用に変更(時間帯別作業の見直し)
  • ・比較的作業量の少ないD社対応から、作業量の多いA社対応へスタッフを1人異動

効果

  • ・手待ち時間の廃止
  • ・人員適正配置により業務効率化

Webでのお問い合わせ

ご相談、サービスについてのご質問やご要望がございましたら、下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

会社名
必須

部署名
必須

お名前
必須

メールアドレス
必須

電話番号

お問い合わせ内容
必須

個人情報保護方針はこちら